2008年10月14日火曜日

産官学ラウンドテーブル コマツの成長戦略

コマツの成長戦略を聞いてきました。

スピーカーは常務執行役員の日置 政克さん。
40名ほど出席者がいました。。所属する横浜国立大学の博士課程に
関係する企業成長戦略研究センターの講演です。。

以下、メモ。。

横浜国立大学と2004年に産学連携を初めて行ったとのこと。
機械・金属関連の共同研究を行って、研究を行った卒業生がコマツに入社しているとのこと。。

9割が建設機械・鉱山機械。

13%が日本市場、その他は海外での売上。。
37%が外国人株主。。

地雷除去など、CSRでやってる。。

国内からの輸出から、海外生産へ。。プラザ合意後、為替は安定していたので、恩恵受ける。。
日本は市場が縮小してしまったが、海外が伸びた。
1975年時点で、ブラジルとメキシコの2工場だけ。。現在は36か所あり、海外展開が急速。。
国内は13か所。。

第1次オイルショックの時に、海外売り上げが伸びた。。産油国のインフラ整備で延びる。。
260人くらいの海外駐在員が最高。。

U.SではJVは50:50でスタートさせることが多かった。80年代に。。

鉱山機械は直接販売で、顔を見せるとのこと。。建設機械では代理店を利用する。。。代理店が強い市場では、業績がよい。。

60年代にキャタピラーが上陸して、社運を左右する事態。。
品質を武器に、退ける。。

その後、輸出拡大のための製品競争力向上。。

あとは、Komtraksと無人ダンプの話がありました。。
オールドエコノミーであっても、ITで付加価値つけられることが証明できたとのこと。。
etc