2008年2月29日金曜日

書評 人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか

グローバル経済の本質を見事にとらえて、わかりやすく説明された秀作です。

最近、日本人著者の書籍であまり読み応えがあるものが少なかったために、詳細なデータと論理でわかりやすく説明されているのに驚きました。神戸大学の三品先生の不全シリーズとともに、こちらは経営者がマクロ環境を理解することで、戦略を的確に立てるために必要な書だと思います。。

なぜ、サブプライムローンが実体経済に影響を与えるようになったのか(いままでは金融経済は、実体経済に従属的だったが、これからはことなる)

なぜ、アメリカがサブプライム問題に代表されるように、巨額の貿易赤字を垂れ流しながら、消費活動を続けられるのか。もしくは続ける必要があるのか。

なぜ、2000年以降、日本経済は回復傾向にあるにもかかわらず、労働分配率が上がらないのか。

なぜ、改革して成長を促しても問題解決にはならないのか。

などなど、20世紀型の経済感から21世紀型の経済感覚に移行するために、本書は絶好だと思います。

最近は、あまり専門誌が高くない人が書かれた読みやすい本が多かったですが、やはり専門家がきちんと書いた本は読後感が違うと再認識しました。

2008年2月20日水曜日


近所の久地周辺は梅の名所なのです。
2週間ほど前の雪がふった時は白梅が咲いていましたが、
ついに紅梅が咲きました。
次は桃が咲いたあとに、いよいよ桜の季節ですね。

2008年2月18日月曜日

日本の経済力

大田経済産業相が指摘したように、日本の唯一といってもいい国力である、経済力の低下に歯止めがかからないようです。。

経済、産業のガラパゴス化、と評していますが、まさにその様相を呈してきているのでしょう。。

多くの企業は内向きの論理に閉じこもり、どんどん世界の趨勢からは離れていっています。。
一番いい例が携帯電話の規格であり、日本市場に閉じているため、規模の生産性が得られず、将来生き残っていける日本の携帯端末メーカーは皆無になってしまうかも知れません。

ガラパゴスのように独自進化を遂げて、下界からの影響は断ち切れますし、その中では居心地がよいのでしょうけれども、外来種がきたらあっというまに全滅してしまう危うさがあるのでしょう。。

外資系の企業に努めていた経験、日本企業に勤めた経験から言うと、まさにこの下界を向いているかどうか、が決定的に異なる点と感じます。。居心地の良さから抜け出さないと、待っているのは破滅だけです。

今週のエコノミスト参照。。

生産性、創造性とチームコミュニケーション

MITスローンのErik Brynjolfssonがチーム内の情報流通と、生産性、創造性との関係を統計分析した論文を発表しています。

オープンソースのEclipseプロジェクトにおいて、チームのコミュニケーションを、中心性(星形のコミュニケーションか、円型が)、および密度(一人が他の人とどれくらいつながっているか)を説明変数にとり、生産性、創造性を被説明変数にとっています。

面白いのは、中心性が高まると、ソフトウェアの生産性(バグの数、単位当たりのコーディング数)はふえるものの、創造性は低くなるという結論です。

詳細は以下にて、ご確認あれ。。

http://ebusiness.mit.edu/

2008年2月8日金曜日

IT投資の定量的計測

いままでだれかが行っていそうで、行っていなかったミクロでのIT投資導入効果の定量的計測研究について、MITスローンのErik Brynjolfssonが面白い論文を発表しています。

労働保険を扱う保険会社の、渉外担当(CaseMaager)の生産性が、IT投資(EDM,ErectricDocumentManagement)によってどのように改善したかをレポートしてあります。

具体的な評価指標は以下。。。


• Current Year Closure Rate: Measures the percentage of claims closed that were opened in the current calendar year (CY)
• Previous Year Closure Rate: Measures the percentage of claims closed that were opened in years prior to the current CY
• Year to date (YTD) Average Physical Therapy Paid Amount Per Claim: Measures the amount spent per claim on physical therapy costs
• YTD Average Chiropractor Paid Amount Per Claim: Measures the amount spent per claim on chiropractor care costs
CDB Research Brief, Vol. X, No.2 Page 3 January 2008
© 2008 MIT Center for Digital Business, S. Bhansali and E. Brynjolfsson
• Retention Rate: Measures the case manager retention rate
• YTD Loss Leakage: Measures the total loss payout on the claims. Losses are defined as additional expenses that should not have been incurred on claims if best practices associated with medical management and disability management processes had been properly followed by the case managers

ほとんどの項目で改善効果はあるようです。(当り前ではありますが)


詳細は、以下のページより。。

http://ebusiness.mit.edu/

2008年2月5日火曜日

雪がふっても


先日の日曜日は関東地方でも雪になったわけですが、そんな中でも梅が近所で咲いていました。毎年感心しますが、本当に梅の生命力には、驚くばかりです。