2007年7月10日火曜日

Saasにおもう。

Oracleの中経が発表されたようです。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/07/08/oracle/

どこのソフト会社も気にしていますが、Salesforceに代表されるSaasが
これからどんどん一般にも浸透していく見通しです。

松下幸之助氏の水道理論ではないですが、やっと「水道をひねると水がでるように」
コンピューティングの恩恵をだれもが受けられる世の中が近づいてきたのかも
しれません。。

Sunが10年以上前に行っていたことですが、最近になって現実味を
帯びてきました。あの会社もあまりに早すぎる戦略を取ってしまったようです。

コンピューティングが水道になるのならば、これからはダムや、水道管を工事する
人たちにチャンスがめぐってきそうですが、それには以下に魅力的なサービスが
Saasで実現できるかにかかっているのではないでしょうか。。

GoogleのDocs&SpreadSheetは、アイデアとしては良いのですが、もう少し
クオリティがあがればな、というのが実感ですが、ビジネスモデルとして成熟してくると、
一般的なソフトと同じように使える日がくるのかもしれません。

この世界は日進月歩なので、楽しみにしている毎日です。

0 件のコメント: